わからないことはプロに相談!

第三者の目線で見てくれる

マイホームの計画では、往々にして、夫婦がそれぞれに理想を抱いています。そして、それぞれが持っている理想と現実の間で、大きなギャップが生まれている場合もあります。大きなパントリー付きのキッチンに、趣味のバイクいじりができる土間、吹き抜けのある大きなリビングなど、理想を挙げればきりがないですが、土地の面積は限られており、予算も限界があるため、それらを全部実現するのは難しいからです。そのような時には、プロに相談するのが一番です。建築を依頼している会社の営業担当や設計担当、インテリアコーディネーターたちです。彼らは、住まいのプロとして、第三者の目線に立って相談に乗ってくれるため、冷静なアドバイスを受けることができます。家庭内で話が煮詰まっている時こそ、第三者の意見が大切です。

住まいに関する経験値が豊富

当然ながら、建築会社の担当者は、住まいに関する仕事をずっと行ってきているため、住まいに関する知識や経験を豊富に持っています。そのため、問題解決につながる引出もたくさん持っているのです。夫婦二人だけの家や、小さな子供のいる家、二世帯住宅など、様々なケースの家づくりに携わってきているため、こちらが思いもよらないアドバイスを受けられることもあります。例え、担当者一人では解決できないことでも、会社に戻れば、そこには相談できる環境が整っているため、よい解決方法が生まれることもあるのです。もし、理想と現実との間でうまく決められなかったり、わからなかったりすることがあれば、担当者に相談してみるのもよい方法です。

© Copyright Design Custom Homes. All Rights Reserved.