予算の上限を決めておく

ローンの返済可能額から導き出せる予算の上限

注文住宅を建てる上で重要なポイントとなるのがローンの返済です。土地選びから住宅の建設に至るまで家造りには多額の予算を必要とします。全ての費用を一括で返済できるのであれば問題ありませんが、現実的に難しいのが実情です。住宅ローンは返済を滞納すると、自宅を差し押さえられてしまうこともあるため、予算の上限を見極めて無理のない範囲で返済していける金額にしなくてはいけません。一般的にローンの返済の目安は年収の25%が理想と言われています。年収が600万円前後の人は年間150万円、月々10万円前後に設定をすると余裕を持って返済することが可能です。ただし、これはあくまでも平均の数字で子供を含めた家族の人数によって金額が変わるのでその点も考慮する必要があります。

工事や諸費用を考慮する

ローンの返済と共に考慮しておかなくてはいけないのが工事を含めた必要な費用の内訳です。注文住宅は文字通り自分のイメージする家を手に入れられるのが大きなメリットです。しかし、家の建設には基本となる本体工事とは別に、インテリアや電力関連などの費用が発生します。これらを考慮せずにあれもこれもと詰め込みすぎた結果、予算を大幅にオーバーしてしまうというケースも少なくありません。この場合一つひとつ妥協点を探して予算を削ることになりますが、こうした作業は時間も掛かる上に削減によってイメージと大きく変わってしまうこともあります。事前に諸費用も含めた経費の内訳の計算をして、予算の上限を決めることが失敗しない家造りの秘訣です。

© Copyright Design Custom Homes. All Rights Reserved.